インドロックダウンの緩和措置(1)

インド全土で継続するロックダウンの経済的な影響緩和措置は下記の通りです。

  1. かき栽培農家に対し、保有する耕作地1ヘクタール当たり2万5,000ルピーの支給
  2. 衣料品クリーニング業者(約6万人)および理容師(約23万人)に対し、1人当たり5,000ルピーの支給
  3. オートリクシャおよびタクシー運転手(約77万5,000人)に対し、1人当たり5,000ルピーの支給
  4. 建設労働者(約158万人)に対し、1人当たり5,000ルピーの支給
  5. 手織工(約5万4,000人)に対し、1人当たり2,000ルピーの支給。さらに、10億9,000万ルピーの債務免除スキームを提供。

このほか、中小企業に対しては2カ月分の電気料金の支払いを免除し、大企業は電気料金の支払い期限を2カ月延長し、同期間中は利子やペナルティーを徴収しない。また、電気料金の支払いが困難な企業に対し、6月30日まで電力供給を継続することを決めた。