会社情報

「経歴」

菅頭裕治 (かんとう ゆうじ)                                                 デリーインド門にて

  • 1960年生まれ 大学卒業後、大手百貨店入社 外商部配属と共に労働組合執行委員となる
  • 1989年労働組合専従となる
  • 1991年退職(懲罰なし)父業の販促物制作会社を継承  百貨店マーケティング部門と協働する
  • 2010年インド市場の将来性に着目し、既存サービスの枠を広める
  • 2013年 ベンガルールオフィス設置
  • 2018年6月に、LeadCap Venture社とタイアップ
  • 2018年10月1日(月)に、東京本社を移転
  • 2019年1月に、KITAI LANKA社とタイアップ

 私がまだ小学生の頃、父とよく秋葉に行く機会がありました。当時、高度成長期時代、カラーテレビが店頭に並び始めた頃で、白黒テレビしか見たことのない私は、カラーテレビがあちこちで売られているのを見て、とても衝撃を受けた覚えがあります。レビ、冷蔵庫、洗濯機といった最新家電の量販店は、人であふれ返り、露店はひよこ等の小動物も売っていて、屋台でおでんを食べるおじさん、忙しそうに行き交うご婦人、昭和通りは車の渋滞で、子供心ながら、異次元にいるようでした。

一言でいうなら、混沌とした世界で、今とは全然異なる風景が当時ありました。

2010年夏、始めてインドを訪れた時、私は小学生の時に見たその感覚を想い出しました。

人、人、人、

パパママショップに殺到する買い物客、クラクションと渋滞で身動きが取れない車の数々、そして、その横を何頭もの牛がゆっくりと通り過ぎる情景はまさに混沌とした世界でした。

そして、何より、行き交う人々の表情は、「今日より明日はもっと良くなる」と信じる、私が小学生の時に見た、まさに秋葉で見た人々の表情です。

「面白そうだなあ!!」

インドを訪問した時の率直な感想です。

日本の高度成長期時代を彷彿させるような光景でした。

「インド市場のポテンシャル」を追及し、その発展の影に潜む「インドの社会課題」の解決を図ることが、日本の中堅・中小企業様に取りレバレッジの効いた成長戦略と私は考えます。

「何を売るか」ではなく、まず、「誰に売るか」を考えるのが、マーケティングの基本です。インドを視野に入れた企業戦略を検討する企業様のお力になりたく存じます。

そして、私の強みである

1.ビジョン 2.決断 3.行動 4.情熱  を持って、皆さんと共に仕事を遂行して参ります。

インドビジネスに関するご不明な点、ご質問がございましたら、遠慮なくお申し出ください。

 

Bengaluru office(With Mr.Dorai Arasu)※彼と共にインド市場参入のお手伝いをさせて頂きます。

 

●弊社は2018年6月に、LeadCap Venture社とタイアップ致しました。

LeadCap Ventures社は、ハーバード大学、ロンドン経済大学、そして世界トップレベルのリサーチ、コンサルティングの専門家を擁するインドの現地法人です。
インド全土、中東、アフリカを視野に入れ、政府機関、国際機関、フォーチュン500企業から3,000件以上の案件を成功に導いてきた実績があります。
日本では、JETRO、(公財)地球環境戦略研究機関、トヨタ自動車、リコー等 幅広くインド市場参入を支援しております。www.leadcap.net

 

●弊社は2018年10月1日(月)に、東京本社を移転致しました。

 

 

●弊社は2019年1月に、KITAI LANKA社とタイアップ致しました。

スリランカ政府認可の送り出し機関から、日本企業にスリランカの優秀な人材を派遣したいと、要望がございます。
 
スリランカは外国人研修制度の中では、未だ手付かずで、人材としては、識字率は南アジアでは最も高く、仏教思想で、大変献身的な若者が多いようです。戦後日本が初めて国交を結んだ国として、日本のイメージもよく、日本語教育もこの機関で、責任を持って実施しております。
もし、スリランカの優秀な若者にご興味がございましたら、一度、ご返事を頂けれれば、幸いでございます。

                                                                           <会社概要>

社 名 株式会社ブラウン
代表取締役 菅頭 裕治
住 所 東京都台東区上野2-12-18ヒロビル2階
TEL:03-5812-4955 FAX:03-3835-1130
India Office Level15,Concorde Towers,UB city 1 Vittal Mallya Road Bengaluru,India
TEL +91-80-67590605  FAX +91-80-67590400
E-mail kanto@braunpress.com
設 立 1968年(昭和43年)11月
資本金 1,000万円
取引銀行 三菱UFJ/りそな銀行/ みずほ銀行/朝日信用金庫
営業種目 ビジネスサポート全般
販売拠点、製造拠点、オフィス設営、マーケティング、フィールドリサーチ、広告印刷物及び販売促進物制作、 会議運営、資料作成、通訳、翻訳、物品、サービス販売支援、現地社員教育(日本語 英語)