日本の印刷会社様へ!!インドの印刷会社との協働はいかがですか?

弊社が、「日本の印刷会社とインドの印刷会社との協働」をすべて推進致します。

インド市場を需要の一環として取り組み、インド国内市場の販促物を作成すること、また、海外生産地として印刷物を海外(中東、アフリカetc.)に輸出して売上増を図るお手伝いを致します。

伸び行く「インド国内市場の需要」と「海外需要(中東、アフリカ市場etc.)」を両面から取り組む政策です。

日本の印刷事情は年々縮小しており、国内市場だけでは、やっていけません。日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパの印刷売上も下降傾向です。しかし、インドは自国経済の発展、個人所得増加に伴う中間所得層の生活水準の向上、消費の拡大が増大しています。

当然、商業用印刷物、包装用品パッケージ関係の印刷物も増えており、政府からの優遇策もあり、千載一遇のチャンスでもあります。しかし、他の製造業と比べて、印刷分野の海外展開は、特殊な企業構造ということもあり、なかなか進んでいません。

インドの印刷会社の規模も、零細、中小企業が多いですが、海外との取引が多く、外国からの受注も期待出来ます。こうした大きく成長しているインドの印刷市場をうまく活用し、インド市場向けの印刷物、また、海外からの需要増にも対応できるよう、弊社がお手伝いを致します。インド市場の可能性に期待を込める日本の印刷会社様がいれば、ご連絡をください。

インド市場を活用する政策として、

①独資

②JV

③M&A

と、大きく3つの方法があります。

いずれにしろ、「生産基地」が必要です。まずは、協働するインドの印刷会社の資産を借用する事も考えられます。資本提携です。一社で困難なら、横のつながりのある印刷会社様と共同出資という選択も考えられます。

また、弊社はインドに散在する「工業団地」を利用する事をお勧め致します。現在、日本企業専用の工業団地も多く存在し、必ずしも大企業だけという事でもありません。「工業団地」をお勧めする理由は

「安心」「安全」「時短」です。経済活動を進める為の複雑な行政手続きを、インド各州政府が代わりに行い、迅速に経済活動に集中出来るからです。

以下、参考になる資料、動画をアップ致します。

Post Webinar:

 

India: Land of Future Opportunities. The report covers details on the land of India

https://www.onehubchennai.com/

ワンハブ・チェンナイ工業団地

http://www.sricity.in/ja/

スリ・シティー工業団地